• 高岡鶏卵GPセンター
  • 高岡鶏卵GPセンター

HOME ≫ 卵の栄養について

もっと食べたいおいしい卵

卵の栄養

卵はビタミンCと食物繊維を除く全ての栄養素が揃う、母乳に匹敵する栄養素の宝庫です。 しかし、卵=コレステロールといった誤解もあるようです。

卵は、ビタミンCと食物繊維を除く全ての栄養素が揃う、私たち人間の母乳に匹敵する完全栄養食品です。ビタミン類はもちろん、鉄分はほうれん草の約2倍、カルシウムも牛乳の約1.5倍と、ミネラルの含有率も抜群です。特にたんぱく質は全食品の中で最も優秀で、タンパク質を作る上で大切な9種類の必須アミノ酸がバランスよく含まれています。必須アミノ酸は人間の体内では作られず、食品から摂取する必要がありますので、卵は必須アミノ酸の摂取にとても適しています。

良質たんぱく・必須アミノ酸の宝庫

卵に含まれているたんぱく質には、人間の体内で作ることができない9種類の「必須アミノ酸」の全てがバランスよく含まれています。良質のたんぱく質は、疲労回復・内臓の働きの活発化・血管の強化などに効果的です。

免疫力アップ

卵白に含まれているリゾチームには殺菌作用があり、食品の防腐剤や市販の風邪薬にも使われています。卵を細菌から守るだけでなく、人間の免疫力を高めてくれます。

卵とコレステロール

「卵=コレステロール」といった悪いイメージがあるようですが、これは誤解です。そもそもコレステロールは人間の体に不可欠なものであり、細胞膜・神経線維の成分や、様々なホルモンやビタミンDの素となる成分です。コレステロールの量は肝臓で調節されており、食べ物から摂るコレステロールが多くなれば、肝臓で合成される量を減らすようになっています。 さらに、卵には、卵白たんぱく質の一種「オボムチン」や、卵白に含まれるアミノ酸「シスチン」、卵黄に含まれる脂肪酸「レシチン」といった、コレステロール値を下げる作用がある成分が含まれています。このように、卵は血中コレステロールが増え、動脈硬化を起こしやすくなることとは直接関係がないのです。

老化防止・記憶力アップ

卵黄に含まれている「コリン」は、記憶力や学習能力を高め、老年期痴呆(ボケ)防止や、その症状改善にも効果的であると注目されています。

がん予防

必須アミノ酸の一種「メチオニン」や、カラザに含まれる「シアル酸」は、がん予防に効果的と言われております。

肝臓を守る

弱った肝臓を回復させる「グルタチオン」を作る「シスチン」「グリシン」「グルタミン酸」の3つのアミノ酸や、二日酔いの薬にも使われ、肝臓でのアルコールの分解に必要な必須アミノ酸「メチオニン」が含まれた卵は、肝臓の働きを助けてくれると言われています。

お問い合わせはこちら

(株)高岡鶏卵ジーピーセンター

〒933-0849 
富山県高岡市横田本町3-1
   
たまごのご注文はこちらまで☟      TEL:0766-24-1203     
FAX:0766-24-4538